立善寺

 
ホーム > 立善寺について

立善寺からのお知らせ

立善寺とは

谷中立善寺は元和三年(1617年)(395年前)両国元矢倉に房舎を構え、元和八年(1622年)下谷金杉村に移り、そして明歴二年(1656年)芝増上寺に作られる大猷院殿(三代将軍徳川家光公の墓所)のため、寺の土地を召上げらました。

永きに渡る幕府との交渉を行い、代替え地を要求しましたが、聞き入れらず、40数年の月日がたちましたが。貞享元年(1684年)(328年前)に現在の谷中三崎村に移りました。この地に移ってから、江戸では数々の大火や大地震などに見舞われますが、その都度、本堂の改修工事を行い、関東大震災や第二次世界大戦をもまぬがれ、本堂や山門、仏像などが江戸時代と遜色なく残っています。

国立公文書館所蔵の寺鑑集考には、享保16年(1731年)に調査されたお寺の寺院情報として、現在も残る三宝尊、閻魔様、鬼子母神、三十番神、お稲荷様、日蓮聖人座像も記載されています。
この三宝尊は、元和五年(1619)作と裏書されており、寺を開山当時の寺宝として、祀られています。

 

 

立善寺の寺宝

 

    三宝尊                       閻魔様                    鬼子母神                日蓮聖人座像   

元和5年(1619年)390年前               文化9年(1812年)200年前           永仁2年(1294年)718前           鎌倉時代1216~1299   

                                                   富木日常上人作               冠鐺日新上人作 

                              

1435195649589         1435195649091        1435195649337       1435195649827

 

三十番神像

 

 

江戸時代より過去帳

 

 

本堂、山門(安永二年作1773年。239年前)は江戸時代中期に建立され古く、それ以前の材料も使用してます。半鐘は戦争中に強出しましたが、それ以外は江戸覚書に在るもので、現在も残る歴史ある寺院です。

今から、四十年前、能登の妙成寺で修行していた際、妙成寺で菖蒲園を行っていました。その菖蒲を分けてもらい、植えたのが始まりで、しょうぶ寺の看板を作ったところ、しょうぶ寺という通称で呼ばれるように成りました。

 

 

 

当住職自作の仏像

 

当住職は、正中山法華経寺の荒行堂を700日修行、成満しております。その中に法華経三巻を写経し、仏像を自作いたしました。

この大黒様は体中に再行(2回目の行)の時、手近の材木で五センチほどの大黒様をカッターで彫りました。次は参行の時、(正中山大荒行では参行で大黒相伝)本堂を修理した際の半端材で三十センチの大黒様を作り、体内佛として中に入れました。

現在の大黒様は再再行(四回目の行)の時き、高さ九十センチのむくの米檜から彫りだした大黒様です。三回身を変えたので、みがわり大黒と名付けるました。

御商売をされている方は商売繁盛。願を努力して、小さな大黒様を大きくする、お願いすることで商売が上手くいった時には大きな大黒様に変えて行く、

また、病で困っている方はその痛みをみがわり大黒に身代わりに成ってもらう事で痛みが少しでも和らいでくれるのです。相談に来られた方には手彫りの大黒様をお作り致しております。

胸に掛けているお経は正中山大荒行で修行中に法華経の一部経を二回の行、二百日かけて写経したものを巻物にして首にかけています。

 

 自作みがわり大黒     自作妙大菩薩     自作鬼子母神    自作八大龍王

   KC3Y0134         自作妙見大菩薩         自作鬼子母神     

 

 

当寺院の戦前の写真になります。

本堂は当時回り廊下が在ったようです。本体は今も変わっていません。第二次世界大戦の時は前のお寺の墓地に爆弾が落っこち爆発の際、墓石が本堂の屋根に飛んできて本堂が傾いたそうです。

昭和四十年代解体修理をして傾きを直し、屋根の瓦を取り換えて今の本堂のしました。それから五十年また修理の時期に成ってしまいました。

img1           img2

お墓も三十年代に改修工事を行い。三百件在った檀家が戦争で百五十件に成ってしまいました。そこで墓石を一か所に纏めて揃えて改修工事を行いました。

庫裏は私が十五歳位までこの建物でした。後ろに倒れないようにつっかえ棒をして、屋根は瓦がずれ、雨漏り、寝ていて、雨が降ってくると屋根の役目を果たさずそこら中雨漏りで逃げ回る事もしばしば。

最後は寝ていて星が見えるように成ってしまいました。