立善寺

 

日本ミツバチを飼う方の為に

2017/08/08 カテゴリー: 未分類

日本ミツバチを飼って見たいと思っている方は多いと思います。先日、今までのハチ日記を読見直して見ました。そこで、私が経験した事をお話ししたいと思います。

今、20年以上失敗続きでした。初めは西洋ミツバチを飼育していましたが、その時も何回も失敗してしまいました。初め春に、西洋ミツバチ3枚郡を買って飼育をしていましたが、とても元気で蜜を集めてくれるので、とても楽しかったです。段々蜂の数を殖やして、段々枠も増えて行き、大きく成って行きました、蜜も二段目の箱を継、蜜も大量に絞りました、しかし秋に成るとスズメバチが毎日にようにやって来てはハチを捕まえて行く、その時は、ハエたたきを持って、来たスズメバチを駆除していました。

それでも、冬に成ると数を減らし、巣はダメに成って仕舞いました。3~4年、毎年3枚郡を買って飼育を続けてのですが、ある時、子供がいたずらをして刺されたのを切っ掛けに西洋ミツバチを購入する事を止めました。そして、おとなしいと言われる日本ミツバチを飼育する為、箱を作り置いたのですが5~6年入る事は有りませんでした。

そして、ハチの研究家の方と知り合い、キンリョウヘンの事を知りました。それからインターネットでキンリョウヘンを買って箱の所に置きました。すると、直ぐに日本ミツバチが入りました。本当にびっくりしました。これは楽しいと思いましたが、冬は越す事は有りませんでした。次の年もキンリョウヘンを10鉢ほど買いましたが入りませんでした。それから毎年キンリョウヘンを買ってはハチを待ちましたがなかなか入りませんでした。

ハチの友達が出来て、ハチを貰う事が出来ましたが。毎年、冬を越す事が出来ませんでした。

最近は、病気やアカリンダニの被害が蔓延して、この数年片羽を上げて出て来るハチが多く成って、巣がダメに成る事ばかりです。昨年、色々な研究を進めてスズメバチバリヤーを作り、スズメバチの事はクリヤー出来るように成りました。

また、スムシ、アカリンダニもクリヤー出来たので、これで、日本ミツバチに関して安心です。これからは増やす事が出来そうです。

これから、日本ミツバチを飼育して見たい方にお役に立てれば良いと思っています。