立善寺

 

ツバメが来た

2017/07/28 カテゴリー: 未分類

今、東京ではツバメが減っていると、聞きました。昔は、電線にいっぱい止まって居ました。そして道路をすべるように飛んでいました。最近では見かける事が有りません。ツバメが来る家は、お金持ちに成るとか,幸せに成るとか言われて、大切に見守って来ましたが。最近では、糞を落として汚い、などと言って嫌われるように成って来ました。

孫が家の前の駐車場でツバメの子供が生まれたと言って話をしてくれました。すごい自慢げに話をしているので、私もツバメを探して見ましたが、町中を探してもツバメの巣も姿も見付ける事が出来ませんでした。やはり、東京のツバメは減っているようです。

しかし、今、私の所で日本ミツバチを10郡飼育していますが。ツバメが凄い勢いで上空を飛び回って居ます。ミツバチは蜜や花粉を必死に集めて、重い体で、巣に帰って来ます、ゆっくりしか飛べないので、ツバメの簡単にエサに成ってしまいます。上空は絶好のエサ場です。これでは、ハチもかわいそうです、でも、ツバメもエサが無くてかわいそうです。

東京には虫の飛ぶ自然環境が無くなって、エサとなる昆虫も少なく成って居ます。

スズメの本を読んで感じたのは、スズメも同じことが言えます。観察している内にスズメも子育ての時親から小雀が口移しで虫のエサを食べさして貰っています。その虫の住む場所も無く、雑草の生える所も、その上、巣を作る場所も無い、これでは、増える事は有りません。その本を読んでからは、スズメのエサ台を作り、小鳥のエサを買って来て、あげるように成りました。子スズメも来るように成り、一生懸命エサを食べているのを見ると頑張って東京で生きてほしいと願うばかりです。